1. ホーム
  2. 電子化 
  3. PDFによる電子化

PDFによる電子化

  • スキャンした画像ファイルをAdobe(アドビ)社のフリーソフトAcrobat Reader(アクロバットリーダー)で閲覧可能なPDFファイルに変換し、ファイル名など必要な情報を付与します。次に作成したPDFをフォルダに分類して収め、ファイル名やフォルダ名で検索可能な電子文書管理システムを構築します。
  • ウインドウズの機能を使うためシステムへの初期投資が必要ありません。安価でも検索機能を活用できるため人気のある電子化方法の一つです。
  • アクセス権限の設定などセキュリティ対策を施したネット接続環境にデータを置けば、社内はもちろん外出先でのデータ共有も可能になります。また外出先や得意先でも、スマートフォン(iPhone、Androidなど)やタブレット(iPad、Androidなど)を使って手軽にデータを閲覧出来ると好評です。
  • OCRをかけてPDFに文字情報を付与すれば、会社や個人のパソコンの内部で文書検索できるだけでなく、Webに上げればインターネットでの検索にも対応することが可能です。

シングルPDFによる電子化(一枚物の図面の管理に)

シンプルな原稿にはシンプルな電子化方法で

PDFのアイコン
  • 一枚の図面・原稿に対して一つののPDFを作成するという最もシンプルな方式です。
  • 図面ボックスの引き出しの中の一枚一枚の図面が一件一件のPDFになります。
  • 引き出しの名称がPDFを収納したフォルダ名称になります。

マルチPDFによる電子化(冊子・二つ折り製本図面・カルテの管理に)

枚数の多いファイルや書類を分かりやすくまとめます

マルチPDFのアイコン
  • 一冊の製本図面・原稿に対して一つのマルチPDFを作成します。
  • 「しおり」を入力することで、本やファイルフォルダの目次やインデックス同様に、簡単に目的のページを開くことが出来ます。
  • 1000ページを超える厚手のファイルでも一つのPDFデータになりますので、比較にならないくらいコンパクトで場所を取らず、タブレットやUSBメモリで容易に持ち運び出来るようになります。

PDFデータに加えることが出来る便利な機能

透明テキスト付PDFによる文書検索機能

マルチPDFのアイコン
  • 文書書類をスキャンしたデータをPDFに変換する際に、OCR機能により文字情報を取り出してPDFに付与します。
※透明テキスト付PDFを作成するためのスキャン画像データはモノクロのTIFFファイル形式・カラーのJPEGファイル形式を問いません。また既にPDF化されたデータにOCR処理をかけてテキスト変換することも可能です。
Copyright © 2014 West Japan arrangement.Co.Ltd All rights Reserved.
電子化、スキャニング、拡大コピー、ラミネート、CAD出力、マイクロフィルム
プライバシーマーク

西日本アレンジメント株式会社 

710-0824 岡山県倉敷市白楽町412-1 TEL:086-476-1357 FAX:086-476-1359

営業時間:08:3017:30  店休日:土、日、祝日