時代を繋ぐマイクロフィルム
  1. ホーム
  2. マイクロフィルム

マイクロフィルムの撮影・現像・スキャンの全てを社内ラボで

一般的なCD、DVDの耐用年数が20年程度であるのに対し、現在市場で流通しているPET(ポリエステル)ベースのマイクロフィルムは、ISO10602によって500年を超える期待寿命が規定されており、永年保存資料を多く抱える官公庁の資料保存における定番アイテムとなっています。

マイクロフィルムのスキャン・電子化

長期保存が必要な大切な資料だから高い精度でスキャン

優れた長期保存性を持っているマイクロフィルムですが、目的の画像を探し出すのは容易ではありません。特に16mmのロールフィルムには一巻に最大で約1200コマ、35mmのロールフィルムでも最大で約600コマもの画像が保存されており、リーダープリンターなど専用の機械を用いて1コマずつ送りながら、目視で目的のコマを探し出す必要があります。

そんなマイクロフィルムですが、電子化して検索機能等を付与することでパソコンで容易に探し出して活用できるようになるため、近年電子化の依頼が増えています。

弊社ではスキャンの作業をロールフィルム専用のスキャナーで行いますので、リーダープリンターとは比較にならない高速スキャンで詳細なデジタルデータの作成が可能です。

各種マイクロフィルムに対応

下記マイクロフィルムの電子化を承っています

それぞれのマイクロフィルムに適した専用のスキャナーを用いてスキャンしています。

  • 16mm ロールフィルム
  • 35mm ロールフィルム
  • アパチャカード(APカード)
  • フィッシュ

ロールフィルムの高速スキャン

大切な資料だから濃度調整を気遣いながら

16mm、35mmのロールフィルムをフィルムスキャナーで巻き取りながら高速かつ精細にスキャンしています。

マイクロフィルムスキャナー・Scan Station
マイクロフィルムスキャナー「Scan Station」

※マイクロフィルムのリールの中には様々な濃度のコマがあります。大切なデータを電子化するにあたり、弊社では一本のリールを濃度を変えて複数回スキャンして、その中から最適な濃度のデータをピックアップして仕上げています。

アパチャカード(APカード)のスキャン

カード記載事項のデータリスト作成もいたします

アパチャカードは画像の濃度を確認しながら一枚ずつスキャンしています。

カードに記載された項目データを入力して、画像と対照できるデータリストの作成をします。

マイクロフィッシュのスキャン

リーダープリンターを用いて丁寧にスキャン

マイクロフィッシュとは、数十枚から数百枚の縮小し画像が並べて配されたハガキサイズのシート状のものです。こちらはリーダープリンターを使用して一枚ずつスクリーンに映し出して手動でスキャンします。

Readerprinter
マイクロフィルム用リーダープリンター

マイクロフィルムの出力印刷

電子化データーを各種機器を用いて自在にプリントアウト

扱いにくかったマイクロフィルムですが、ひとたび電子化してしまえば大型のプリンターを用いて等倍のA1サイズの図面にしたり、複合機を用いてA3縮小図面にしたりと、その後のプリントアウトがいつでも手軽にできるようになります。

マイクロフィルムの撮影

自社社撮影室内に35mm・16mmの撮影機を設置

16mm、35mm、APカード、フィッシュなど各種マイクロフィルムに対応しています。撮影経験あるスタッフの手で行っています。

Fuji 35mm L3カメラ
A0サイズの原稿まで撮影可能な35mmマイクロ撮影機
16mmマイクロ撮影機とマイクロフィルム
16mmマイクロ撮影機とマイクロフィルム

マイクロフィルムの現像

撮影同様に現像も自社暗室にて

マイクロフィルムに長年たずさわっているスタッフが、フィルム濃度や気温、湿度などを測定しながら現像しています。

マイクロフィルム自動現像機
自動現像機を用いて自社現像しています。

マイクロフィルムのメリット

アナログならではのメリットを生かして活用

法的証拠能力が高い

法務省公式見解や財務省公示などで、マイクロフィルムの法的証拠能力が認められています。内容の改ざんが非常に困難なため、原本と同等の証拠能力を持つことが、国内はもとより海外の裁判所でも認められています。

可視的に閲覧が可能

IT技術の進化が非常に速く、次々に新しいものに変わっていくため、例えばフロッピーディスクやMOドライブ、ZIPドライブのように、閲覧したいデータが保存された媒体が手元にあってもそれを読み取るための機器がすでにないという事態が起きています。マイクロフィルムなら拡大鏡があれば閲覧可能なため災害時にもすぐに活用できます。まさにアナログならではの安定した強みと言えるでしょう。

長期に保存できる

DVD-Rなどの記録型メディアは化学変化による記録方法のため、湿気や温度や紫外線などによる経年変化が発生します。またディスクのわずかな傷や変形でもデータの呼び出しが出来なくなることがあります。これに対しマイクロフィルムは適切な環境で保管すれば、セルロースエステルベースで100年、ポリエステルベースで500年の期待寿命が見込めます。

デジタルメディアの耐久性の問題

便利さの裏に隠れた問題をまず把握

メディアの単価が安くなるとともに一気に普及したCD-RやDVD-R、USBメモリーといった記憶媒体ですが、便利さの陰には「耐久性」の問題が潜んでいます。大切なデータを保存するという性質上、見過ごしてはならない問題です。

マイクロフィルムの保管・使用上の注意点

長期保存のために苦手な環境を避けて保管

高温・多湿な環境など望ましくない保管環境の場合、変色やカビの発生、くっつきやひび割れといった異常現象が発生してしまうことがあります。定期チェックの際に異常が発見された場合、酢酸臭のするTAC(セルロース)ベースのマイクロフィルムは、軽度のうちにPETのデュープ(複製)フィルムを作成したり、分離保管するなどの早期の対策が望まれます。

また抜群の長期保存性を誇るマイクロフィルムですが、保管場所が限定されること、専用の機器(リーダープリンター)がないと閲覧できないことなど、利便性においてデジタルデータに及ばない部分があります。日常的に資料として活用するためには、電子化して検索可能なデータベースを作成することをおすすめしています。

Copyright © 2014 West Japan arrangement.Co.Ltd All rights Reserved.
電子化、スキャン、拡大コピー、ラミネート、CAD出力、マイクロフィルム
プライバシーマーク

西日本アレンジメント株式会社 

710-0824 岡山県倉敷市白楽町412-1 TEL:086-476-1357 FAX:086-476-1359

 営業時間:08:3017:30  店休日:土、日、祝日