1. ホーム
  2. 電子化 
  3. JPEG・TIFFによる電子化

JPEG・TIFF画像形式による電子化

電子化の際にPDFと同様によく用いられるTIFFとJPEGの画像形式。その特徴についてまとめてみました。

TIFF(ティフ)画像形式  ─ 圧倒的な軽さが魅力 ─

モノクロ画像をビュワーで閲覧する用途に最適

モノクロTIFFの図面

大量の原稿をスキャンして電子化する場合、まず検討していただくのがモノクロのTIFF形式でのデータ保存です。カラーやグレースケールのJPEG形式に比べて約10分の1以上という圧倒的に軽いデータに仕上がるため、あまりスペックの高くないパソコンでも閲覧時の快適な動作が期待出来ます。

TIFF画像の特徴のまとめ

  • 白と黒だけ(モノクロ2値)で表すTIFF画像は、黒の部分だけがデータ量に反映され、白の部分はデータ量ゼロのため、多くの中間色を表示するグレースケールに比べて圧倒的に軽く仕上がります。
  • 中間色がないため、文字や線がよりくっきりはっきり表示され見やすくなります。またそれが印刷時にも反映されます。
  • TIFFの圧縮形式の一つであるTIFF Group4圧縮(G4圧縮)は圧縮率が高くさらに軽量化に貢献します。
  • スキャンするとデータが重くなりがちなA0やA1といった大判図面でも、ビュワーソフトで非常に軽快に閲覧出来ます。
  • 大量の原稿を電子化した際でもデータベースのデータ量の肥大化を防げます。
  • 中間色の諧調表現が出来ず黒いベタ塗り部分が増えてしまうため、写真の表現は苦手です。
  • 画像の加工編集に関してはソフト的に少し不便です。

PDFのOCRテキスト認識にはTIFF形式が必須

スキャンした画像の文字情報を読み取ってPDFファイルにテキスト埋め込みする場合、元の画像データはTIFF画像形式である必要があります。JPEGやビットマップなど他の形式ではOCRテキスト認識出来ませんのでご注意ください。

JPEG(ジェイペグ)画像形式  ─ カラーならではの高い識別性が特徴 ─

モノクロでも写真のように中間色による諧調表現が必要な場合に

カラーJPEGの図面

道路部分にだけ色がついている地図、配線が色分けされている配線図面、データ項目の訂正など朱書きの書き込みがある文章など、カラーであれば容易に識別がつく原稿にはJPEG形式をおすすめしています。モノクロだと全く判別がつかなくなってしまうからです。

その部分の確認のために書庫から図面や書類を引っ張り出す・・・これでは何のために電子化したのか分かりません。

また電子化した画像データを今後の業務で加工する必要がある場合、カラー画像、モノクロ画像ともJPEG形式で保存することをおすすめしています。モノクロの場合、スキャンする機器の設定をグレースケールにしてJPEG形式で保存します。

JPEG形式に対応している画像編集ソフトは種類も多く、フリーソフトなどで容易に入手出来ます。PDF形式でもソフトを使って文字を追加したり出来ますが、加工出来る範囲が限られてしまいます。

JPEG画像の特徴のまとめ

  • デジタルカメラの画像形式としても採用されているため、カラー画像としては非常に一般的で汎用性が高い形式です。
  • モノクロでもグレースケールの画像はJPEG形式での保存になります。
  • 保存時に圧縮率を簡単に指定することが出来ます。
  • 圧縮率を高くすると軽量化できますが、その分画像が荒くなり元に戻せません(不可逆圧縮)
  • 詳細な図面の電子化の場合は低圧縮の高画質で、取扱説明書など見て分かればいいものは中圧縮で軽めに仕上げという方法もあります。
  • 編集加工ソフトが豊富で、用途にあったものがすぐに見つかります。
Copyright © 2014 West Japan arrangement.Co.Ltd All rights Reserved.
電子化、スキャニング、拡大コピー、ラミネート、CAD出力、マイクロフィルム
プライバシーマーク

西日本アレンジメント株式会社 

710-0824 岡山県倉敷市白楽町412-1  TEL:086-476-1357 FAX:086-476-1359

 営業時間:08:3017:30  店休日:土、日、祝日