1. ホーム
  2. マイクロフィルム 
  3. デジタルメディアの耐久性の問題

デジタルメディアの耐久性の問題

職場では取引先への資料の提出や納品に、家庭でも大切な思い出を撮影したデジタルカメラやムービーのデータの保存などに、現在CD-RやDVD-Rなどの記録メディアは当たり前のように使われています。しかしながら、その長期保存性に問題があることについてはあまり真剣に考えられていないのが現状ではないでしょうか。

せっかく貴重な時間とコストを注いで大量の図面や書類を電子化したにもかかわらず、気がついたときにはデータを読み込むことが出来なくなっていた。そのような悲劇を回避し、長期に渡って大切な情報資産を安全に運用するために何をするべきかについて考えてみたいと思います。

CD-R、DVD-Rなどの光学メディアの耐久性

便利だが万能ではない光学メディア

デジタルデータとDVDのイメージ
  • 光ディスクに保存されたデータそのものはデジタル信号のため、経年にともなうデータ劣化はありません。
  • 光ディスク自体の経年変化による物理的な変質は避けられず、ディスクの劣化が進行してデータの読み込みが出来なくなった時が寿命となります。
  • 基準を満たした良質なメディアを適正な環境で保管した場合、実験上の理論値として100年という使用可能期間が算出されています。
  • 製品の性能差や同一製品内の個体差を考慮すると実際の耐用年数は10~30年というのが一般的な考え方となっています。
  • 市場に流通しているDVD-RやCD-Rには品質的に粗悪なメディアが含まれています。中には1~2年ほどで読み取りが出来なくなるものもあるため、そういったメディアを使用しないよう細心の注意を払う必要があります。

その他の記録メディア・記録装置の耐久性

メディアごとの弱点を知ることで危険を回避

  • HDD(ハードディスクドライブ)も磁気による記録であることや高速回転する性質上、その寿命は時間に換算して約1万時間です。一日に8時間使用すれば3~4年の寿命となります。
  • USBメモリも最大書き換え回数が決まっており、その回数に達すると読み書きが出来なくなってしまいます。特に市販の格安品の中には粗悪なものも含まれており、数百回~数千回程度で寿命を迎えてしまいます。市販品で耐久性を謳っているタイプですと最大1万回程度の最大書き込み回数が目安です。
  • USBメモリーは不揮発性メモリーに記録するため電源が切れても記憶された情報が消えないという特徴があります。しかし不揮発性メモリーは時間とともに劣化します。経年劣化が起こる年数は市販の低価格のUSBメモリーで数年、耐久性を謳っているタイプでも約5~6年程度です。このことからもUSBメモリーはあくまでファイルの一時的な保管用と考えたほうが良いでしょう。
  • SSD(ソリッドステートドライブ)の寿命はSSDに書き込めるデータ量の数値(TBW)が指標とされています。この指標だけ見ればSSDの寿命はHDDより飛躍的にのびており5~20年程度の稼動が見込まれます。しかし基盤などの故障については別の問題ですので、物理的に50年以上の使用に耐えることは難しいでしょう。

大切なデジタルデータを長期保存するために

バックアップでリスクを分散

直射と湿度を嫌うDVDのイメージ
  • 光ディスクは適切な環境での保存を徹底してください。具体的には、直射日光にさらさない、高温多湿な環境を避ける、急激な温度変化を避けるなどです。
  • 光ディスクの劣化が始まる前に、数年に1回の頻度で同じ規格のメディアにバックアップを作成することをおすすめします。このとき可能であれば同じデータディスクを複数枚作成することでより安全性が高まります。
  • HDDは動作中に物理的衝撃を受けると磁気ヘッドが高速回転する磁気ディスク(プラッタ)に触れる「ヘッドクラッシュ」が発生し故障の原因となります。特に外付けのHDDでは日頃から取扱いに注意する必要があります。
  • USBメモリーは不揮発性メモリーの劣化が発生する性質上、データの一時的保存用であり、長期保存には向いていません。
  • SSDは長期間使わないで放置しておくと自然放電が起きてデータが消えてしまう危険性をはらんでいます。そのためデータの長期保存には不向きです。
青矢印

以上のことから高品質な光ディスクによるバックアップを定期的に続け、将来より安定して長期保存が可能な新しい記録媒体が登場した際に乗り換える。これが大切なデジタルデータを確実に長期保存するために考えられる、現在最も一般的な方策といえるでしょう。

アナログメディアの長所の見直し

それぞれの長所で短所を補い合う

日常的な情報の活用には作業効率の良いデジタルメディアを用い、ウィルスや災害といった予期せぬデータ損失のリスクから情報資産を確実に守るためには、長期間保存に実績のあるマイクロフィルムを用いるという考え方が近年支持されるようになっています。

どんな物にも常に長所と短所が存在するため、それぞれが持つ長所を生かすという考え方です。デジタルメディアの高い再現性や利便性の結果、多くのアナログメディアが姿を消すことになったのは事実です。しかしながらそのことがデジタルメディアが全てにおいて優れていることの証明にはならないということに注意する必要があります。

デジタルメディアの短所をきちんと把握するとともに、アナログメディアの持つ長所をもう一度真剣に検討する時期に来ているのです。

青矢印

官公庁の永年保存資料では特に長期保存性が重要です。ですからまず資料をマイクロフィルムに撮影し、出来上がったマイクロフィルムを高速読み取り可能なスキャナーで電子化しています。この方法なら撮影コストはかかりますが、スキャニングのコストを抑えることが出来るからです。

Copyright © 2014 West Japan arrangement.Co.Ltd All rights Reserved.
電子化、スキャニング、拡大コピー、ラミネート、CAD出力、マイクロフィルム
プライバシーマーク

西日本アレンジメント株式会社 

710-0824 岡山県倉敷市白楽町412-1 TEL:086-476-1357 FAX:086-476-1359

営業時間:08:3017:30  店休日:土、日、祝日